人材の育成

“求める人材像”と教育体系イメージ

東武百貨店が求める人材像と、それに向けた人材育成の構図は、下図のとおりです。
「自ら学ぶ」姿勢を前提に、OFF-JT(研修)とOJT(職場での指導育成)の両輪で支えていくことを基本的な考え方としています。研修で身につけた知識・スキルを職場で実践し、それをまた研修で振り返り、ブラッシュアップしてまた実践するというように、段階的に成長できる仕組みを構築しています。

求める人材像
教育体系イメージ

社員の役割

大卒の新入社員は、総合職として、入社時はスタッフ(Jクラス)からスタートし、より責任と権限の大きな役割を目指し、キャリアを積んでいきます。
また、当社では、人材の「マルチスキル化」を目指しており、各役割に合わせた幅広い業務を行っています。

社員の役割

OFF-JT(研修)とOJT(職場での指導育成)

OFF-JT(研修)

各役割において必要な知識、スキルを、段階的に確実に身につけていくことを基本としています。具体的には「役割強化研修」とそれを補う「スキルアップ研修」の二つのラインの研修で、身につけた知識を確実に実践できるようにしていきます。
また、研修以外にも、“自ら学ぶ”ことを会社としてバックアップする体制を整えています。

OFF-JT(研修)
OJT(職場での指導育成)

OJTとは、職場における上司や先輩からの指導育成のことで、日々実践するものです。
OJTスキル(対話力や適切な指示等)を身につけるためのカリキュラムを「役割強化研修」に取り入れることで段階的に身につけていく流れを作っており、効果的に下級者への指導育成ができる体制を整えています。

新入社員研修

大卒新入社員は、集合研修や売場実習等を通じて、段階的に仕事の基礎を身につけていきます。
2017年度入社の新入社員研修の例を紹介します。

大卒新入社員の研修スケジュール例

時期 研修等 内容
4月 第一次 集合研修
(約1週間)
講義やロールプレイ等を通じて、東武百貨店で働く上での基礎知識やスキルを身につけます。
接客トレーニング、包装演習、電話応対など実践的な内容を学びます。
第一次 売場実習
(約1週間)
集合研修で学んだ内容を、売場で実践することで、理解を深めます。
売場の先輩がマンツーマンで指導に当たってくれるので、安心して実習に取り組めます。
第二次 集合研修
(約1週間)
売場実習の振り返りを行い、さらなる接客技術の向上や、売場を支える業務への理解を深めます。
第二次 売場実習
(約1週間)
第二次集合研修で学んだことを、売場で実践します。
5月 正式配属 配属部門が正式に決定します。
売場の先輩がマンツーマンで指導に当たります。1年間継続してレポートを記入し、自身の成長を振り返るツールとして活用します。
第三次 集合研修 これまでの研修で学んできたことの確認を行います。
10月 フォローアップ研修 入社して半年という節目に、これまでの振り返りと、入社2年目に向けての目標設定を行います。
同期の成長も感じることで「負けていられない!」という気持ちに。
同期同士で刺激し合い、さらなる成長を目指します。

東武百貨店では、大卒内定者の方が安心して入社の日を迎えられるよう、入社前にも、通信教育や合宿研修等によるフォロー体制を整えています。
入社前の準備についての詳細は「入社までのフォロー体制」をご覧ください。

入社までのフォロー体制

ページトップへ