東武グループ

東武グループは、2017年3月現在、東武鉄道および連結子会社等の連結企業91社からなる大規模な企業集団です。「運輸事業」「レジャー事業」「不動産事業」「流通事業」「その他事業」の5つのセグメントから構成され、お客様の暮らしに密着した事業を通じて沿線地域の発展に貢献することを経営方針として掲げています。
私たち東武百貨店も、東武グループの一員として、グループ企業との相乗効果を図りながら沿線を活性化させることで、グループ全体の業績向上に貢献することを目指しています。

グループ流通事業の中核を担った存在

2016年度東武グループ営業収益 右の図は、2016年度の東武グループ営業収益について、事業別の割合を円グラフで表したものです。
東武百貨店が属しているのは、「流通事業」です。東武百貨店池袋本店および船橋店の両店における営業収益は、流通事業の営業収益のうち、およそ7割を占めています。
このことから、東武百貨店は流通事業の中核を担った存在となっており、グループ内で大きな役割を果たしています。

グループ企業、沿線と連携した企画

東武グループ企業と連携を取った「東武だからこそできる」企画により、地域や沿線のさらなる活性化につなげ、グループ全体を盛り上げることをねらいとしています。

  • 東武グループ企業とコラボした福袋
    (2018年 初夢福袋)

    “東武鉄道SL「大樹」ウエディング福袋”
    “東武鉄道SL「大樹」社会科見学福袋”
    東京スカイツリー®から隅田川花火大会を観覧!福袋

  • 池袋本店「東武の沿線まつり」
    (2018年1月開催)

    東武鉄道「お子様限定 制服体験」
    東武動物公園「ふれあいミニミニ動物園」
    沿線の人気ゆるキャラ「豆まき大会」
    東武東上線「駅長クイズ大会」 等

東武グループ内の人材交流

東武グループ企業間での出向により、各企業の強みやスキルを共有できることは、グループの規模が成せる大きなメリットです。
東武グループ企業では、東京スカイツリー®に隣接する商業施設「東京ソラマチ®」の運営や、東武線の駅ビル・駅ナカ商業施設の運営等、幅広いテナント事業を展開しています。出向によりテナント事業に関わる業務のノウハウを習得した社員が、東武百貨店の店づくりにそのスキルを活かして活躍することが期待されています。


東武タウンソラマチ(株)に出向している
先輩社員のインタビューはこちらをクリック!

店づくり

東武百貨店は、池袋本店・船橋店ともターミナル駅直結という恵まれた環境のもと、地域のお客様や沿線のお客様の生活向上に貢献することを目指し、多様化するお客様のニーズに応えられる魅力的な店づくりに挑戦しています。

多彩なテナントの導入

にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう 当社では、既存のお客様のニーズにお応えするだけではなく、新たな顧客の獲得に向けたテナントの導入にも力を入れています。
2017年には、池袋本店に「ニトリ」、船橋店に「ビックカメラ」をオープンしました。従来の百貨店のイメージにとらわれないカジュアルなテナントの導入により、若い世代のお客様のご来店が増加しています。
また、2017年7月、ファミリーのお客様向けの施設「にこはぴきっず NHKキャラクターとあそぼう」が池袋本店にオープンしました。お子様に人気の幼児番組キャラクターをモチーフにした遊び場や物販コーナーなど、ファミリーで楽しく過ごせる空間となっています。

生まれ変わる食品フロア

生まれ変わる食品フロア 2017年の秋に、池袋本店地下1階8~11番地エリアの全面改装を行いました。「自由に選べて、過ごせる食の空間」をコンセプトに、「ベーカリーテラス」「スイーツマーケット」「酒マーケット」「デリマーケット」の4つから構成され、池袋エリア初出店や百貨店初出店のショップを多く含む合計27ショップが集いました。
この食品フロア改装では、20代~30代前半という若い世代の社員のアイデアが積極的に取り入れられ、「毎日来てもワクワクできる食品売場」が誕生しました。今後も、お客様に彩り豊かな食を提供する店づくりに挑戦していきます。


  • テナントリーシング業務

  • 食品フロア改装業務

  • 売場改装業務

“店づくり”に携わっている先輩社員への
インタビュー記事はこちらをクリック!

催事・販促企画

東武百貨店では、様々なイベントや催事が催されています。魅力的なイベントや催事は、多くのお客様を店内に呼び込み、店全体を活気づける力があります。また、目新しいイベントや催事はメディアに取り上げられることもあり、これを機に新たな東武ファンを増やすチャンスにもつながります。

池袋本店「大北海道展」

大北海道展 東武百貨店では池袋本店・船橋店あわせて年間20本を超える物産展を開催しており、中でも、池袋本店の「大北海道展」は特に人気の催事です。年に3回開催している大北海道展は、年間売上約15億円と首都圏ナンバーワンの売上を誇り、メディアにも多く取り上げられています。催事部の仕掛人が北海道の名店と粘り強く交渉し、「今だけここだけ」をコンセプトとした「東武限定品」に力を入れて、北海道展を盛り上げています。

新企画「IKEBUKUROパン祭」

IKEBUKUROパン祭 2017年11月、池袋本店で新たな催事企画「IKEBUKUROパン祭」が開催されました。
全国の人気ベーカリー49ショップから、約350種というパンが池袋本店の催事場に集結。パンの甘い香りに包まれた会場には、連日多くのお客様が来店され、人気ショップには長蛇の列ができる大盛況ぶりでした。

体験型のイベント企画

東武百貨店では、お客様が参加して楽しめる「体験型」のイベント企画にも力を入れています。

2017年度に開催されたイベントの一例
池袋本店 クリスマスイベント
名作童話のぬいぐるみショー
地元の立教大学の学生による演奏会
池袋本店 子育て応援イベント“TOBU de あそびシリーズ”
スタンプでこどものまちをつくろう!
おはなでいっぱいのまちをつくろう!
船橋店 地域密着イベント
地元ラグビーチーム“クボタスピアーズ”選手とのラグビー体験イベント
船橋で活動しているミュージシャンによる音楽会イベント

販売促進企画に携わっている
先輩社員のインタビューはこちらをクリック!

ページトップへ